まとめ

【お知らせ】『アフター・10.12』紺野優希 X チョン・ユジン X 杉本憲相 / <애프터 10.12> 콘노 유키 X 정유진 X 스기모토 켄스케

**한글은 다음장에 계속됩니다. 감사합니다.

韓国のオルタナティブ・スペース、Audio Visual Pavilion(시청각)の企画展、『3X3』の2番目の展示に企画者として参加することになりました!

『アフター・10.12』紺野優希 X チョン・ユジン X 杉本憲相

・会期:2018.10/12(金)~10/22(月) 12:00~18:00 (会期中無休)
・場所:Audio Visual Pavilion(サイト)(地図
・オープニング・レセプション:2018.10/12(金) 17:00
・アーティスト・トーク(チョン・ユジン X 杉本憲相):2018.10/13(土) 18:00~19:00
ステートメントはこちらから

『アフター・10.12』というタイトルで準備した紺野優希にとって展示とは、離れていても似通った二つ以上の世界を屈折して見れる、立体鏡の役割のように映される。

 

あわせて読みたい→【REVIEW】依然として保存されたまま、生き残っているキャラクターについて:杉本憲相《何十年も前に死んだ。》

Audio Visual Pavilionの企画展『3X3』は、昨年夏に行われた展示『2X2』の延長線上に置かれている。『2X2』はアーティスト1人がもう1人のアーティストと共同制作を行って展示をしたら、どんなことが起きるのか、アーティストの2人はどんなことをし、その決定によってそれぞれの作品や役割がどう決まり、またそのような過程は最終的にどのような展示を生み出すか、という期待から始められた。今回の『3X3』は2人のアーティストと1人の企画者がコラボし、3人で生み出した3つの展示の連作である。『3X3』は2人のアーティストが参加するという『2X2』の前提を維持しながらも、それぞれの展示に企画者が参加する『2X2』の拡張版である。

『3X3』は3名の企画者に今一番関心を持っているテーマについて聞き、そのテーマを展示に具現化できる時空間を提案したものだ。この3名の企画者ははじめて展示を提案し、また中間の過程で加わったりした。3つの展示で企画者の役割と参加の仕方はそれぞれ異なっている。また3つの展示がそれぞれ得たテーマと展示の仕方も異なっている。今回3人の企画者は展示スペースを共有し、2018年の秋という時間帯を順番に使うものの、皆異なる展示を開催する。この3つの展示をまとめるもの、それは展示が行われる方法と、展示の形式に3つの異なる構造があるということのみである。Audio Visual Pavilionは3人に展示を準備する過程で生じることについて、企画者の役割についての考えや悩みを記録し、また記憶してもらうよう頼んでいる。

Audio Visual Pavilionが招待した3人の企画者、シン・ジヒョン(Jihyun Shin, 신지현)、紺野優希(Konno Yuki, 콘노 유키)、ノ・フィジ(Hiji Noh, 노희지)は、それぞれキム・ハナ(김하나)とイム・ジョンス(Jeongsoo Lim, 임정수)、チョン・ユジン(Eugene Jung, 정유진)と杉本憲相(Kensuke Sugimoto)、ムン・ギョンイ(Kyeong-eui Moon, 문경의)とヒョン・ナム(Nahm Hyun, 현남)らアーティストと共にそれぞれ企画を行った。シン・ジヒョンは『絵と彫刻』にて「&」という符合を用い、それまで話し合いをしてきた2人のアーティストの扱うメディウムに注目する。『アフター・10.12』というタイトルで準備した紺野優希にとって展示は、離れていても似通った二つ以上の世界を屈折して見れる、立体鏡の役割のように映される。ノ・フィジの所蔵展「Hiji’s House」は、企画者がこれまでどんな考えを持って作品を所蔵し、今になって何故その展示を開催するのかという「選択」について考えさせてくれる。

『3X3』展の会期終了後、Audio Visual Pavilionでは3名の企画者と共に「AVP言語活動」を行う予定。Audio Visual Pavilionがこの3名の企画者に求めた内容の具体的な答えは、そこで明らかにされるだろう。

Curated by Audio Visual Pavilion, Jihyun Shin, Konno Yuki, Noh Hiji
Organized by Audio Visual Pavilion
Supported by Seoul Foundation of Arts and Culture, ALPINION

あわせて読みたい→【REVIEW】依然として保存されたまま、生き残っているキャラクターについて:杉本憲相《何十年も前に死んだ。》

1 2