Martin Garrix一覧

スポンサーリンク

「VS, x, ft., edit, &」▷Part 1:双璧―ヴィディッチとファーディナンドのように

今回は、EDMの曲の中で、筆者の好きな組み合わせを紹介したいと思う。それは不足な点を補っているだけでなく、それ以上の価値を備えている。前回、SPINNIN'の特集をしながら紹介したコンビ(Snavs + Fabian Mazur、Bassjackers + Breathe Carolinaなど)の増補版と考えていただければ幸いである。今回は7の組み合わせを紹介していきたい。

記事を読む

「VS, x, ft., edit, &」▷未確認音楽:IDの文化

知っている曲が流れる。あの曲ね、と私は言う。しかし、知らない曲が流れたとき、私たちはその曲を「その曲」という単語そのもので言うようになる。DJがラジオやポッドキャスト、またはライブで流す曲の中に、未発表音源が含まれることがしばしばある。その場はプロモーションの場となり、聞く人々は―DJがニュー・トラック、ニュー・シングルと紹介することもあるが―その曲のプロデューサー、トラックの名前、正確なリリース日を気にするようになる。

記事を読む

「VS, x, ft., edit, &」▷宇宙は私たちのもの

明けましておめでとう、と遠くの人に挨拶をするときに生まれていた時差は、パソコンの画面やスマホの画面、より根本的に言ってしまえば、インターネットの発達で極端に短くなった。自分たち、つまりメッセージを伝達する立場にいる人々がどうしようも出来ない領域、つまり手紙を仕分ける、手紙を運ぶ、手紙を渡すという細々とした過程を除いて、画面の前で瞬時にお互いが繋がる時代になった。

記事を読む

スポンサーリンク
広告
広告
トップへ戻る