趣味官一覧

スポンサーリンク

美術館の透明な壁、趣味家のショーウィンドウ

昨年2017年10月13日~11月10日にかけて、ソウルの趣味家(Tastehouse)で行われた《趣味官》(TasteView)では、多くの芸術家の作品やグッズが、会場のショーウィンドウの中に並べられた。この「異質な」展示について、昨年筆者の書いた内容に付け加える形で、日本語で紹介したいと思う。

記事を読む

断想:批評のプラットフォームとは《와우산 타이핑 클럽》(Part 3)(副題:ぷらっと、プラットフォーム)

先日、ソウルにある展示空間2Wで行われたトーク・プログラムをきっかけに、筆者が「美術批評のプラットフォーム」について考えをめぐらせてみた。ワウサン・タイピング・クラブ(와우산 타이핑 클럽)に属しながら活動し、何を思ったのか、この場で自分自身に問いかけるよう、「まとまらないまま」まとめてみたいと思う。今回の副題:ぷらっと、プラットフォーム。

記事を読む

The Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩) Part 3

これまで2回に分けて紹介してきた、The Scrap。Part 1ではこの企画のおおまかな内容、そしてPart 2では、作品と作家をメインに紹介をしてきた。Part 3ではThe Scrapという見せ方について考えながら、The Scrapについての総まとめとして書こうと思う。The Scrapがどのような意味でScrapだったのか、または何をScrapさせたのか、検討してみようと思う。

記事を読む

スポンサーリンク
広告
広告
トップへ戻る