「VS, x, ft., edit, &」▷Part 1:双璧―ヴィディッチとファーディナンドのように

SNSでシェアお願いします!

今回は、EDMの曲の中で、筆者の好きな組み合わせを紹介したいと思う。それは不足な点を補っているだけでなく、それ以上の価値を備えている。前回、SPINNIN’の特集をしながら紹介したコンビ(Snavs + Fabian MazurBassjackers + Breathe Carolinaなど)の増補版と考えていただければ幸いである。今回は7の組み合わせを紹介していきたい。

スポンサーリンク
広告

はじめに(イントロ)

双璧、ここで二つの存在は、必ずしも不足な点を補っているだけとはいえない。それはAの型に当てはまるのがBだけという、凹凸の閉ざされた関係ではなく、そこへ調和と相乗効果の二つを目論んでもいる。A+Bの答えが、ABではなく、それ以上の可能性を含むC(>AB)という結果を伴うのだ。そこに、一人としての作曲者ではなく、デュオやグループとしてのプロデューサーが存在し、彼らの組み合わせによって、ひとつの曲が生まれている。それは、ただ単なる足し算以上の可能性を、作者「たち」として見出そうとしたことと言えよう。それはサッカーにおけるセンターバック同士のコミュニケーションが、全体的なチームの雰囲気を作ることにも繋がるのと同じように、組み合わせは単なる足し算以上の力を秘めている。

① Blasterjaxx + DBSTF

(左:Blasterjaxx 右:DBSTF)

近年は、ちょくちょくテンポが緩めの曲も作っているBlasterjaxxと、ガンガンハードなスタイルを突き通しているDBSTF(D-Block & S-te-Fan)。Blasterjaxxは、近年自身のレーベルMAXXIMIZE RECORDSで、DBSTFはScantraxxMainstage Musicなどで、主に曲が紹介されています。そろそろまた、このコラボがくるんじゃないかと。。!!!期待してます。

② Gregor Salto + Wiwek

(左:Gregor Salto 右:Wiwek)

トライバル(というかジャングルテラー)な印象の強いWiwekと、低音基調が印象的なGregor Salto。Gregor Saltoは数年前まで、DOORN RECORDSのお得意様でしたが、最近はさっぱりですね。。。(それでもSPINNIN’やSalto Soundsで曲は公開している。)一方Wiwekは、Barong FamilyOWSLAから曲を発表しています。久しぶりに、このコンビもニューリリースを発表するのではないかと。。!?期待してます。

トップへ戻る