写真一覧

スポンサーリンク

写真的傾向:武田鉄平と千葉正也の絵画から

絵画のための絵画、という文章を目にした時、美術史を齧ったことのある人は、クレメント・グリーンバーグ(Clement Greenberg)のモダニズム・ペインティングを思い浮かべるのではないだろうか。平面(flatness)を強調した、つまり絵画らしさを追求したものこそが、それであり、そこにはナラティブや空間(の創出)が含まれないと主張した。

記事を読む

美術館の透明な壁、趣味家のショーウィンドウ

昨年2017年10月13日~11月10日にかけて、ソウルの趣味家(Tastehouse)で行われた《趣味官》(TasteView)では、多くの芸術家の作品やグッズが、会場のショーウィンドウの中に並べられた。この「異質な」展示について、昨年筆者の書いた内容に付け加える形で、日本語で紹介したいと思う。

記事を読む

断想:批評のプラットフォームとは《와우산 타이핑 클럽》(Part 3)(副題:ぷらっと、プラットフォーム)

先日、ソウルにある展示空間2Wで行われたトーク・プログラムをきっかけに、筆者が「美術批評のプラットフォーム」について考えをめぐらせてみた。ワウサン・タイピング・クラブ(와우산 타이핑 클럽)に属しながら活動し、何を思ったのか、この場で自分自身に問いかけるよう、「まとまらないまま」まとめてみたいと思う。今回の副題:ぷらっと、プラットフォーム。

記事を読む

断想:批評のプラットフォームとは《와우산 타이핑 클럽》(Part 2)(副題:球団、もしくはフットボールチームの設立)

先日、ソウルにある展示空間2Wで行われたトーク・プログラムをきっかけに、筆者が「美術批評のプラットフォーム」について考えをめぐらせてみた。ワウサン・タイピング・クラブ(와우산 타이핑 클럽)に属しながら活動し、何を思ったのか、この場で自分自身に問いかけるよう、「まとまらないまま」まとめてみたいと思う。

記事を読む

断想:批評のプラットフォームとは《와우산 타이핑 클럽》(Part 1)

先日、ソウルにある展示空間2Wで行われたトーク・プログラムをきっかけに、筆者が「美術批評のプラットフォーム」について考えをめぐらせてみた。ワウサン・タイピング・クラブ(와우산 타이핑 클럽)に属しながら活動し、何を思ったのか、この場で自分自身に問いかけるよう、「まとまらないまま」まとめてみたいと思う。

記事を読む

3つの対立と共存:ハ・テボム(하태범, Tae Bum Ha)《対立の共存》(대립의 공존, AMBIVALENCE)展

Korea Artist Prize(올해의 작가상)2015のファイナリストでもあるハ・テボム(하태범, Tae Bum Ha)。写真をメインに活動するこのアーティストは、昨年アートスペース・ワット(아트 스페이스 와트)で《対立の共存(대립의 공존, AMBIVALENCE)》展を開いた。この展示で紹介された作品の中から、〈s-〉シリーズを紹介しながら「何が対立していて、また共存しているのか」を分析しようと思う。

記事を読む

The Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩) Part 3

これまで2回に分けて紹介してきた、The Scrap。Part 1ではこの企画のおおまかな内容、そしてPart 2では、作品と作家をメインに紹介をしてきた。Part 3ではThe Scrapという見せ方について考えながら、The Scrapについての総まとめとして書こうと思う。The Scrapがどのような意味でScrapだったのか、または何をScrapさせたのか、検討してみようと思う。

記事を読む

韓国総合芸術学校卒展<2017 한예종 조형예술과 졸업전시>

明けまして、おめでとうございます! 日本では紅白、韓国でもおそらく何かしら面白い番組があったと思いますが、、、本当に全然テレビを見ない私は、年末はおそばも食べずに展示会へ。その中で興味深かった展示をいくつか分けて紹介しようと思います!今回紹介するのは、韓国総合芸術学校の造形芸術科専攻の卒展です!

記事を読む

The Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩) Part 2

The Scrap (Part 2) 韓国のソウルで開かれたThe Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩)に行って来ました!私としては今年がはじめてで、スクラップのスの字は知っていましたが、実際にそれがどんなものなのか分からずじまいでした。Part 1の説明から、今回はどんな作品を選んだか見てみることにしましょう~!

記事を読む

The Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩) Part 1

The Scrap (Part 1) 韓国のソウルで開かれたThe Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩)に行って来ました!私としては今年がはじめてで、スクラップのスの字は知っていましたが、実際にそれがどんなものなのか分からずじまいでした。え?ザ・スクラップって何?それを今回(Part 1で)説明したいと思います~

記事を読む

スポンサーリンク
広告
広告
トップへ戻る