現代美術一覧

スポンサーリンク

スクリーンの内と外で聞こえる脈拍:ダグラス・ゴードン〈ヤヌースの肖像(分断国家)〉

今年の冬、アートソンジェセンター(아트선재센터)で公開された、ダグラス・ゴードンの映像作品〈分断国家〉。代表作の〈24 Hours Psycho〉(1993)から、〈ジダン 神が愛した男〉(2006)など近年のポートレートまで映像作品を追求してきたゴードンが、今回「分断国家」という副題の下にあるひとりの人物を照らす。

記事を読む

The Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩) Part 2

The Scrap (Part 2) 韓国のソウルで開かれたThe Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩)に行って来ました!私としては今年がはじめてで、スクラップのスの字は知っていましたが、実際にそれがどんなものなのか分からずじまいでした。Part 1の説明から、今回はどんな作品を選んだか見てみることにしましょう~!

記事を読む

The Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩) Part 1

The Scrap (Part 1) 韓国のソウルで開かれたThe Scrap(ザ・スクラップ, 더 스크랩)に行って来ました!私としては今年がはじめてで、スクラップのスの字は知っていましたが、実際にそれがどんなものなのか分からずじまいでした。え?ザ・スクラップって何?それを今回(Part 1で)説明したいと思います~

記事を読む

解体と構築の均衡:アブラハム・クルズヴィエイガス

アブラハム・クルズヴィエイガスの作品において、解体と構築は物理的に循環している。使われなくなったものは、もともとの機能を失っただけで、新たな機能を与えることができる。クルズヴィエイガスの述べた解体は、消滅、そしてゼロからの創造とは異なり、それまでの機能性や脈略から抜け出て、他へと移動する可能性として、構築という概念を同時に抱え込んでいる。

記事を読む

これは幻影‐絵画です:横山奈美《日産アートアワード 2017》

ダン・フレヴィンの作品は蛍光灯を置いただけでもあるが、光を放つことで幻影として空間に現われる。絵画にまつわる虚構・幻影の問題は、光というもので現れたときに物質的であると同時に、幻影として現れた。この点で、今年行われた日産アートアワードで発表された横山奈美の絵画は大変興味深かった。彼女の作品では光を放つ物質と、光という幻影を捉えただけでなく、それを絵画という幻影で表している点で評価できる。

記事を読む

写真の圧縮と膨張:圧縮と膨張(CO/EX)

<<今日における写真の存在とはどのようなものなのか?写真は物理的な連帯意識から離れ、データとプリント・アウトという、より自由なものになった。圧縮と膨張(CO/EX)の作品を分析しながら、キーワード、そしてデータによる液状化された写真の概念について考えていく。>>

記事を読む

翻訳と拡張:トマス・サラセノ《惑星、その間にいる私たち》展

<<作品は何をとおして生まれるか?かつてキャンバスには作者の眼を通して風景が描かれていた。今日において作者の眼だけでなく、多くのインター・メディアを通して作品が生まれている。トマス・サラセノの作品では光や音響が様々な感覚に変わる、「翻訳過程」が行われている。>>

記事を読む

物性を用いた体験型作品:Numen / For Use 《VOID》

Numen / For Useの作品は、幾何学的でシンプルなかたちをしながらも、観客が体験しその肌触り(触覚)を感じ取ることが出来る。その作風はミニマリズムより後に生まれたロバート・モリスをはじめとした芸術家の作品とどこか似ていながらも、彼らの作品が視覚的であったのに対しNumen / For Useの作品ではその物性を生かしていると言える。

記事を読む

観照的報道写真:ノ・スンテクと《非常国家 II – 第4の壁》

報道写真の多くは、その事件を一番よく伝えるものとして選ばれ、公開される。しかしそれらと異なり、写真作家ノ・スンテクの作品はそれらがデモの現場を写しているにも関わらず、どこか距離を置いて捉えられている。その写真は現実の告発や政治的表明のような直接的なメッセージ性ではなく、より多くのことを物語っている。

記事を読む

**現代美術における写真と時間性:杉本博司の写真**

絵を描くときに、画家はその場にいる。カメラの場合は、人間がその場に居続けたとしても作品として撮るのは「一瞬」である。写真の特徴でもある瞬間の中で、時間の経過や流れ―時間性―がどのように表されるのか、杉本博司の作品を中心に分析する。

記事を読む

スポンサーリンク
広告
広告
トップへ戻る