The Scrap 2018 (더 스크랩 2018)に行ってきました!(Part 1)

SNSでシェアお願いします!

スポンサーリンク
広告

3. いざ購入!

へとへとになりながらも2-3周して、番号がようやく出揃いました!

いろいろな写真が置いてあるので、ある子はインテリア用に買うとも言っていましたが、私はあくまでアーティストさん探し+面白い作品探しで。

会場には作品名も作家も書かれてませんが、事前に参加アーティストはページで紹介されます!

映像作家・映画監督のイム・フンスン(IM Heung-soon, 임흥순)や、今年の光州ビエンナーレにも参加が決まっているロワジョン(RohwaJeong, 로와정)をはじめ、合計100人(チーム)のアーティストさんが参加しています。

と言っても、どれが誰の作品かはなかなか分からないし、逆に、分からないのを選んでみるという楽しみ方もあります。

筆者が気になっていたのは、ユ・ヨンジン(유영진, Yoo Youngjin)チェ・ユン(Yun Choi, 최윤)チョン・フィミン(Chung, Hee-min, 정희민)、そして、THE COPY TRAVELERS

特にTHE COPY TRAVELERSは、(最近分析しているこちらのアーティストとの接点も多いため)当ててみようじゃないか!という意気込みでした。笑

果たして、気になっていた作家の作品は10枚の中にあるんでしょうか?!

いざ!カウンターへ!

最終確認です!こんな感じで10枚選んだなぁ、、としみじみ。

列に並ぶこともなかったので、焦らずに、画面の写真が撮れました!笑

あとは、番号で呼び出されるまで、近くで待機です。

韓国の写真誌、VOSTOK(보스토크)でも読みながら待ちましょう~~笑

だが、読む間もなく、あっという間に番号で呼ばれてしまった。笑

人が少ないと、やっぱり準備してくれるペースも早い。。

(何はともあれ)じゃじゃーん!やってきました!!

この中に写真と簡単なスクリプトがそれぞれ入っています。

どんな写真を買ったかは、また次回に!

次のページ:最後に:何故「作家さん」なのに?/!

トップへ戻る